è‡ªå‹•èª¿ç†ãŒå¯èƒ½ãªã‚ªãƒ¼ãƒ–ングリルレンジ発売  ã‚¿ãƒ¼ãƒ³ãƒ†ãƒ¼ãƒ–ル式電子レンジ発売   å°‚用キー付きセンサーオーブン電子レンジ発売 新開発「とろみセンシング」で、中華やフレンチの ワンボウル調理を実現。これまでのパスタやシチューと 合わせて、ワンボウルメニューが広がる。  æ˜­å’Œ59(1984)å¹´  æ˜­å’Œ54(1979)å¹´ すばやくあたためる700wの高出力。 よく使う3つのメニューをワンタッチで あたため、「自動メニュー」ボタンを新搭載。

 æ¨ªé–‹ãã‚¿ã‚¤ãƒ—電子レンジ発売 パナソニック(Panasonic)のスチームオーブンレンジビストロ(Bistro)なら、焼く・煮る・蒸す・揚げるが、これ一台。 電子レンジ編(昭和30年~60年代/2007年9月号掲載) アメリカで開発された電子レンジは、台所には欠かせない便利な調理器として、いまではほとんどの家庭に普及していますが、当初は業務用の「再加熱用」として使用されていました。  æ˜­å’Œ41(1966)å¹´  æ˜­å’Œ49(1974)å¹´  æ˜­å’Œ57(1982)å¹´  1台5役のスチームオーブンレンジ発売 電磁波の周波数は、2450MHzでISMバンドのひとつであり、周波数を共用している無線LANやWi-Fi、直下の2400MHz帯アマチュア無線などは、電子レンジを動作させると、通信不能になる大影響を受けるが、総務省告示周波数割当計画脚注に「混信を容認しなければならない」と規定している。, 世帯普及率は、日本において1970年代中盤に10%を超え[7]、1980年代の中盤で40%台[7]から50%強[8]、その後半には60%台中盤[7]から70%台[8]となり、1990年代の中盤は80%台中盤[7]から90%前後[8]で、その後半には90%台中盤[7][8]となり、2000年代の中盤から後半では90%台中後半[7][8]を保っている。世界的には、経済的に発展し電力事情も良く家電製品の普及している先進国の多くの地域でも、安価な廉価版機種から多機能高性能な機種に至るまで幅広く流通し、その利便性が認められて広く使われている。, 1945年に、アメリカ合衆国のレイセオン社で働いていたレーダー設置担当の技師、パーシー・スペンサーによって発明された。, などのような伝説的なエピソードが伝わっているが、実際には複数のスタッフによる入念な観察の結果によって開発されたという[9]。, 最初に電子レンジで調理した食物は、慎重に選ばれた結果、ポップコーンであった。スペンサーの電子レンジでは、紙袋を使ったトウモロコシの調理法で特許を取っている[9]。2番目は鶏卵(茹で卵づくり)だったが、これは卵の爆発により失敗した。, なお、1944年(昭和19年)、大日本帝国海軍は海軍技術研究所と島田実験所(現島田理化工業の前身)にて、マイクロ波を照射して航空機などを遠隔攻撃するための殺人光線研究をおこなっていた[10]。初の実験対象はサツマイモで、ふかし芋のようになったという[11]。その後、5mの距離からウサギを死なすことも出来たが、それ以上の大型化が出来なかった[12]。, 大和型戦艦から撤去した、副砲の旋回部分を利用してパラボラアンテナを設置する工事も行われたが、島田実験所が空襲被害を受けて兵器として実用化されることなく、第二次世界大戦の終戦を迎えた[11]。開発者の一人、中島茂はマイクロ波でコーヒー豆を炒る機械を製作して、東京のコーヒー店に納入し糊口をしのいだ[11]。だが、この電子レンジが商品化されることはなかった。, レイセオン社はマイクロ波による調理について1945年に特許をとり[13]、1947年に最初の製品を発売した。高さ180cm、重量340kg。消費電力は3000Wだった。この製品は非常に売れ行きがよく、他社も相次いで参入した。, 火を使わずに加熱調理する電子レンジの出現は1950年代当時の人々を困惑させた。発売当初の電子レンジは高価であり、一般家庭に普及し始めたのは価格が500ドルに抑えられるようになった1970年代後半のことである[9]。1970年には、アメリカで一部製品から許容量を上回るマイクロ波が漏れていることが報道される[25]など、マイクロ波に対する健康不安など電子レンジへの不信感は根強く、1998年に行われたイギリスでの調査では、消費者の10パーセントが「電子レンジは絶対に買わない」と回答している[9]。, 日本では当初、冷めた料理を温めたり冷凍食品を解凍したりする程度の役にしか立たないとされる調理器に、なぜ高い金銭を支出して購入する必要があるのか全く理解されず、消費者からすんなりと受け入れられたわけではなかった。, そのためメーカーは、電子レンジがあたかも焼き物・煮物・蒸し物・揚げ物・炒め物・茹で物等、ありとあらゆる機能をこなす万能調理器であるかのように宣伝して売ろうとした。, これに対して雑誌『暮しの手帖』は1975年から1976年にかけて特集を組み、「電子レンジ―この奇妙にして愚劣なる商品」と題した記事を掲載、「メーカーはなにを売ってもよいのか」と酷評した。当時『暮しの手帖』の商品テストは、消費者から高い信頼を得ていたため、「電子レンジは万能調理器ではない」という認識は消費者にも印象付けられた。『暮しの手帖』は同じ号で、蒸し器を使って冷めた料理をおいしく温めるコツについての記事を掲載した。このキャンペーンの影響で、電子レンジに対してのネガティブなイメージは、後年まで一部で残ることとなった。, しかし、ボタン一つの手間で料理を温めることができる便利さは、大きな利点であった。高度経済成長で暮らしが豊かになる半面、核家族化と個食に代表される「家族が食卓を囲み、揃って食事する文化」が過去のものとなっていく過程で、簡単に料理を温められる手段へのニーズが増大していき、普及していった。, メーカー側も性能向上に努力し、食品の重量・温度などをセンサーで読み取って食味を損なわない最適な加熱を行えるようにするなど、今日では十分な性能を持つ調理器具としての製品を発売するに至っている。冷凍食品の普及と品質向上、冷凍食品を保存できる冷凍庫つきの冷蔵庫の普及進展、また電子レンジで調理することを前提とした加工食品が販売されるようになり、利便性の高まりと共に普及率も高まっていった。また、それに伴う大量生産とコモディティ化による価格の下落が、さらなる普及を後押しした。, 1970年の日本万国博覧会の会場周辺には、電子レンジを組み込んだハンバーガーの自動販売機が登場して、話題になった。, この自動販売機は紙箱に収められたハンバーガーのみ販売し、購入すると自動的に内蔵の電子レンジに商品が投入、加熱されたうえで提供されるものであったが、「パンは蒸気でふやけ、肉はパサパサ」という、ハンバーガーチェーンの出来立てハンバーガーに比べるといささか味気ないものであった[要出典]。また硬貨投入から商品受け取りまで加熱時間を含め1分程度待たなければならなかった。, しかし自動であるため、深夜でも簡便に暖かい食べ物を提供できることや、食料ストックを冷凍することで、在庫・食品劣化リスクがほとんどなくなるという利点から、無人のドライブインや高速道路のサービスエリアなどを中心に設置が進んだ。, こういった電子レンジ内蔵自動販売機は、その後の設置数の増加や冷凍食品の発達にも助けられて着実に社会に浸透し、様々なバリエーションが登場した。現在では焼きおにぎりや唐揚げ、フライドポテト、たこ焼きなどを併売する機種もみられる。, 2000年代の日本では、普及率は90%台後半を保ち、温める機能のみの単機能な電子レンジであれば1万円以下で購入可能で、レンジ・ヒーター・スチームを組み合わせて調理する複合型多機能タイプも登場している。, このような状況によって、電子レンジで温めればそのまま食べられる食品が多く店頭に並ぶようになった。コンビニエンスストアを中心に、風味もよく簡便な冷凍食品や、弁当や惣菜などが複数種類取り揃えられるようになり、スナックフードコーナーには電子レンジ対応メニューが定番商品として並んでいる。その場で温められたり、持ち帰って温めたりして食べられている。また、スーパーマーケットなどの食品売り場でも弁当や惣菜など電子レンジを利用する商品の扱いが増したことで中食産業の市場も拡大している[26]。, 2005年4月、シャープは自社電子レンジの世界累計生産台数が世界で初めて1億台を達成したことを発表した[27]。, 業務用はパナソニックの独占状態である。パナソニック以外では、シャープ・ネスター(ホシザキ子会社。東芝の事業を承継)が、細々と生産しているのみ。, フラットタイプは、照射用アンテナの方が回転している。業務用電子レンジでは出力を上げたり内部で乱反射させることで、入れた食品を回転させずにムラ無く加熱させる製品もある。, 電子レンジは基本構造上、商用電源周波数にその能力や出力が影響されうる。このため、より効率的な加熱を行ったり、きめ細かな出力制御をするために、インバータで電源からの影響を回避する機能を持つ製品もある。そのような製品は、交流電源を一旦直流にコンバートしてから、商用電源周波数よりも高い、所定の交流の周波数で高圧に変換するため、電源周波数に影響されない(いわゆるヘルツフリー)。, ただ、そういった機能の無い旧来の製品や「温め専用」など安価な製品にあってはその限りではなく、例えば日本国内でも、西日本と東日本地域で、異なる商用電源周波数に影響される製品もあり、利用者の引越しで問題となる。この場合は、有償によるメーカー修理の形で、使用地域にあった部品への交換改修が行われる。また消費者側では「移転先の電源周波数に合わない」理由によって、従来品を破棄して買い替えが行われる。, 一般に、50Hz用のものを60Hzで使用すると出力が定格を超えてしまい、逆の場合は内部の変圧器で過電流が発生し、焼損や温度ヒューズの溶断をもたらす。これを逆手に取り、回路を50Hz用で設計し、60Hzで使用されていることを検知した場合には、自動的にマグネトロンを断続運転とすることで「時間平均」での出力の帳尻合わせを行うことで、ヘルツフリーを実現している製品もある。また、従来型回路で出力を可変する(例えば定格500Wの機種で200W出力を行う)ためには、断続運転が一般的な手法であり、瞬時出力は変化しない。このため、ごく短い運転時間では500Wも200Wも同じ結果となる。, 電子レンジに、他の機能を付加した製品も多く登場してきている。その代表的な例が、オーブン機能のついた電子レンジ「オーブンレンジ」である。電子レンジには出来ない「焼く」という機能を、電熱線やガス燃焼を使ったオーブン機能で行い、オーブンと電子レンジの双方の利点をミックスしている。スチームを利用して加熱したり、あるいは食品の温度を計測しながら、自動的に加熱時間を調整するなど、多機能化した電子レンジも登場している。, 電子レンジでの調理は一般に庫内ターンテーブル片側に調理物を置きドアを閉めてスタートする(中央ではマイクロ波が十分に照射されない)。特に調理物の温度を赤外線センサーで確認しながら制御している機種などでは庫内に調理物が置かれていないと正常な調理ができないことがある。, 電子レンジの調理方法について、高機能化した電子レンジではなく単機能の電子レンジであっても、「冷めた料理や素材を温める」「冷凍食品を解凍する」といった使い方のほかに、煮る・煮込むといった加熱調理器具としての位置づけもある。多機能レンジにおいて調理法は各食品・料理に適した機能を選択して行う必要がある。, 電子レンジであたためを行う場合、通常は器にラップをかけて行う。これにより、食品をあたためた場合に発生する水蒸気を副次的に利用し、水分の蒸発による食材のパサつきも抑え、蒸すのに類似した効果も同時に得ることができる。ただし、水分量が多いとふやけてしまうような食材(パンや揚げ物など)は逆にラップをかけないで、食品の下にクッキングシートを敷いて余計な水蒸気を逃がし食品を皿の上で結露した水によってふやかさせないなどの工夫も行なわれる。, 野菜、とくに火が通りづらい根菜類でも、温野菜を作ることができる。これは食材の下拵えとしても行われる。レンジパックなどの、より簡単に温野菜をつくれる調理グッズも出てきている。ケーキのようなものも、電子レンジを用いて作ることができる。食感は蒸しケーキに似る。, 加熱はできるが、素材の表面が乾燥し焦げ目はつかないため、焼き料理は作れない。ただし、電子レンジ用調理器具や冷凍食品の中には、電子レンジの調理機能のみで「焦げ目がつくよう工夫されたもの」のような焼き物料理ができる冷凍食品や、焼き魚やから揚げの調理ができる包材も商品化されている。, 電子レンジが登場した時、調理する行為には特に名前が付けられなかったが、前述の合図音が由来となり、全国的規模で自然発生的に生まれた言い方である[29][30]。文化庁による2013年度の「国語に関する世論調査」では、90.4%が「チンする」を使用すると回答している。この調査結果は「チンする」という言い回しが、広く日本語として浸透していることを示すものである[33]。, 現代において、合図音で「チン」を用いているのは、普及価格帯の単機能タイプが主体で、高出力化・多機能化した製品では、圧電素子を利用した電子音を用いている。, 一杯の紅茶をPanasonicの電子レンジNN-E225Mで20秒温める時の音。この機種で調理完了を知らせる音は「チン」ではなく「ピー、ピー、ピー」である。, 「パンは蒸気でふやけ、肉はパサパサ」という、ハンバーガーチェーンの出来立てハンバーガーに比べるといささか味気ないものであった, ビー・ウィルソン『キッチンの歴史:料理道具が変えた人類の食文化』真田真由子訳 河出書房新社 2014年, Bibliographic data: US 2495429 (A) / Method of treating foodstuffs, 材料全部入れてチンするだけ♪手抜き感ゼロ!電子レンジでできるがっつり肉料理 Nadia, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=電子レンジ&oldid=80276242, 日本の初期型電子レンジには、調理完了を知らせる合図音を出す装置が付いていなかったため、「調理が終わったのに気がつかず、せっかく温めた料理が冷めてしまう」という意見が購入者から出ており、早川電機(現・, 食品業界から発生した業界用語に「レンジアップ」というのがある。電子レンジで温めるの意であり、例えば「焼く前にレンジアップして解凍する」というように使われる。しかし.  ãƒžã‚¤ã‚³ãƒ³å¼é›»å­ãƒ¬ãƒ³ã‚¸ï½¤å®¶åº­ç”¨ã‚ªãƒ¼ãƒ–ンレンジ発売  æ˜­å’Œ52(1977)å¹´  å‡ºåŠ›åˆ‡æ›¿ãˆå¼é›»å­ãƒ¬ãƒ³ã‚¸ç™ºå£²  æ˜­å’Œ40(1965)å¹´ パナソニック「2005年以前リリースのレンジ」製品のユーザー登録ページです。クラブパナソニックのmy家電リストに登録して、便利なサポート情報やエンジョイポイントをget!  æ˜­å’Œ51(1976)å¹´ 1964年 (昭和39年)開通の 東海道新幹線 ・ 新幹線0系電車 の ビュッフェ車 に電子レンジが備え付けられた。 1965年 (昭和40年)一般家庭向けに松下電器産業の「NE-500」 が初めて発売された。 ※1 最高出力の時間は最大約1分30秒です。その後は自動的に500Wに切り換わります。この機能は直接「ごはん」「飲み物」「お弁当」ボタンを押してあたためるときに働きます。, すばやくあたためる700Wの高出力。よく使う3つのメニューをワンタッチであたため、「自動メニュー」ボタンを新搭載。, すばやく、おいしくあたためる750Wの高出力。メニューに合わせて選べる、便利な出力5段切り替え。, 単機能レンジにスチーム機能をプラス。毎日のあたため・解凍を自動で上手に仕上げます。ゆとりの25Lフラット庫内でお手入れもカンタン。.

Âコナラ Ǣ定申告 ƺ泉徴収 18, Pubg Âイガ Ãブルバレル 12, Ãケモン Ƙ画 2020 ʼn売り券 23, Ãケモンgoシンオウ Âィーク Ãオル 6, Áるの剛士 ŭ供 ƹ南学園 8, Ãラクエ3 Ő前 Ť更 Âマホ 6, Ťドラマ 2020 Ȧ聴率 9, Ƙの王子様 Âプリ Ƙのかけら ť性 4, ǟ原さとみ ǜ毛 Âロン 11, Ãファイン Ƅ味 Ãジネス 48, Ɩ聞 Ǥ説 Ȧ約 12, Ɩ藤雅樹 ǐ Ǩ 8, Mac Word Ãォント ŋ手に変わる 8, Awa ȧ約後 Ãウンロードした曲 35, Âレックス ĺ告音 Ɯ待度 46, Âキスパート Âペシャリスト Ɂい 5, Âードブルー 5話 Pandora 8, Ȋ火 Ɖち上げ ɀ度 13, Ãイナー Ãンベロ Âナコ Âス 47, Dele A2 ɛ易度 9, ɕ谷川博己 ļてる Ȋ人 7, Wargaming Code 2020 5, Friends Script Ɨ本語訳 4, Fpc ĸ動産 Ŗ業 14, Âちゃイケ Ɨ本 ĸ周 2002 10, ĸつの大罪 Ɯ終回 Ƅ想 9, Southern Comfort ɣみ方 4, ǔはつらいよ ŋ画 Ãル 20, Ʊ袋ウエストゲートパーク Ãカル Áの後 41, Âすとも Ɯ Âイズ 7, Apex ɀ中抜け Âルレ 24, ĸ島健人 ƀ我 Ű説 7, Ãロミ Ɓ子 Ƭ男 Ź齢 32, ĸ井住友信託銀行 Ɗ資信託 ȩ判 12, Zzr1400 Ãレーシア仕様 Âペック 6, Ɯ吉の壁 ʼn音声 Âり方 7, Ãンディ Ãァーマ Áい Áく 14, ƀ我 Á ȵれ Áい ƙのトレーニング Âッカー 6, Áいだのじいさん Áいぐるみ Ľり方 33, Yellow Duck Âラー 47, Âリード ɦ水 Ņ式 9, 1/100 Ź面図 ţ厚 6, Âイルフィニッシュ Âター Ãンテナンス 8, Âタデーナイトフィーバー ƭ詞 Œ訳 4, ž輩 Ãイン DŽ視 15, Ãムスター Ãコモコ Ãウス Ľり方 10, Ɂ戯王 Âブンス Ƅ想 8話 23, Gate Titan Usb Link 4, Âキブリ Ãッカ油 ɇ曹 11, Áび Áし Áる Ƅ味 5, dž田聖亜 Ǐ在 ǔ像 20, ǟ田 ȡ ȉ ȩ判 4, Ű野伸二 Ť才 Áぜ 4, ť神転生 D2 Âる Áと 50, Ãークベニマル ư DŽ料 50, Ãラクエ5 Âークデーモン żい 17, DŽ賃乗車 Áた ɫ校生 27, Photoshop Ư較明合成 ŋ画 10, Ãッグベン ŷ事 2020 39, ƿ突 Ƙ画 Áの後 48, Rpgツクール Ǵ材 ɡグラ 8, ĸ国 ś国 ŭ生アーチェリー連盟 10, Ȼ自動車 Ãッキバン Âスタム 16,  Ãラッサム ō多 Ãログ 8, Âブクラッシャー Cm ťの子 11, Ãスラー Ɩ型 ȉ 20, Ȱ花音 Ű林星蘭 Ãラマ 22, Á ɇ持ち Âロナ 5, Ãログラミング Ƿ習問題 Php 10, Ãラレコ 360 Âートバックス 5, Ů全地帯 ž行 Ȧえ方 16, ɝ岡県 Ɲ部 ɫ校 ņ申点 8, Áつ森 Âラハム ūい 22, Ƙ ɺ Ľ重 4, Ãラクエ7 Ż価版 Ɂい 6, Âキルス胃がん Ãログ Ľ命 20,