>> 0000254584 00000 n 0000011051 00000 n (X,B,µ)を測度空間とする.a < t < bに対してft: E → R∪{±∞} が定義されていると仮定する. 1. ft はt ∈ (a,b) につき可積分である. 2. ft(x) はµ-a.e.x に関して偏微分可能である. 3. << 0000001972 00000 n 0000250073 00000 n 5 章では,2 つの関数の積分の一種である畳み込み積分のフーリエ変換を学 ぶことによって,時間と周波数それぞれの計算が強く関係していることを理解 します. 6 章では,5 章に関連して,時間関数の積分が周波数の関数の積分に置き換 0000006755 00000 n

0000007729 00000 n

0000255018 00000 n 0000177770 00000 n

xڼ�9�7=v��U^g�>.�$ w`��Z�� ��:�G���)�6��U���F�y7��S�����������G��v������?���=��O����� = 1 1 < x < 1 1=2 x = 1;1 0 otherwise 上記積分は、以下の積分の極限(a ! 0000177910 00000 n /Filter/FlateDecode

0000005457 00000 n 0000125986 00000 n 0000241580 00000 n 4 近似定理 10 5 収束定理 15 6 フーリエ級数からフーリエ変換へ 21 7 ガウス積分と有理関数のフーリエ変換 29 8 フーリエ変換の諸公式と双対性 31 9 フーリエ変換と超関数 35 ... 例題2.1. d! 0000010118 00000 n stream 0000009410 00000 n 166 0 obj << /Linearized 1 /O 169 /H [ 1972 1325 ] /L 763744 /E 336464 /N 16 /T 760305 >> endobj xref 166 67 0000000016 00000 n 0000271427 00000 n ?�+��W�{mt�]���k%���EF��h���ʶ#͋~�.�4���V���� ƕ������@��9

��Fe7E2GA���q[�A���4�*�A�>�1�w�(_(ʯ�;��:,Ay�.�G-@��*��e��f�9�I�Av��U�X�cBMK4��M��v���O�b�%f�*ǯ^ʠ�b�Y�. 2.3. 0000008651 00000 n 0000010096 00000 n 0000003515 00000 n 0000252752 00000 n .��iEk ]GXM��,�~�����ç��4 9 0 obj 0000010569 00000 n '� ,}�!����at@�,�PO^M���Y��jd ��~��X�6�%�C��`$�[����]����\��I��S9��Ge-xܕ��Y'�<7�݌�T����;¢����LA��u%/ρ ݓ�� ë'��c��i떞T;c������s��v�|;�p1�֊fY�t��Q��P�T�@�r��8���05�P#������煒���ܐaP/�o7�"�a�U��@����WD�"���{o�O� �T*� �k�o �doX�g�ʃ"��.�Y�0�AV�2Da�}lyP��ZN�L[�c[��%�7��]��e8�o��UZq�� ʧ�U����֎�楾���ڱ�|��J�5x��k%�~㙴YP��b >m�ɾ�e�{�E}S�8�qA5�na 0000008175 00000 n 0000241862 00000 n d! %PDF-1.3 %���� M��c-��#F;)-q�G# ݸ��0&�9�|�M�����8�ϟ����ڥ���+#�ɮ��7�y9���I B_xs,�1Y�P��/��Rx+)K.;^x�I�nD�VDJ[@$S� 's�3�u@j��yZ|2��:��1v���*��gzD���7+�8�[̗�iGx��)�7��0b�v!�l�Ҭ~�� �І|�5�Pk����M�Ѧ���A�8�^��q9��� ��Ϣ�8j�rHi�������Gh�o~�����2őw4�n������X��K�-P��Y��`�?wW�ȜNLM6��������{���n'F�� ��:L#p�$�n�P�z眶h^mS&�Q��3\|��J�1#JD*��7��/OF���ј�0G�{��*h+��>�Jj���\Dl�>'1�j>����*�}�r�E�\ط�EQ�$^�w2S��" ���[Ÿ�i�0}��q:�݉�|a��UE`�E@qn2mY��1�i�� (���O��i�~#8ڢ�g�ƾv���XO��O8��\�����3���/f�CG���6��~�q���l�9������[�h$b�hE`�p{3�!�J�3��é�k���q�e� �i�M4�"%�z��ҕ^���*떉��T�r�\B��'���Wn��a��~J�gFV��=:o ؜�;��/:w��Ǧ`��lV T���Q�M�H��d\���Nx�J�>9��7�d$E1������"��4]�Eă���Vݬ�� ��e��\K �R�j6�0mB�+I���5y���ܗv��4a�Q~=�k�����)������$�z�R���u�#�4�r^ؓ�r�ب�0e��|�� �5�p.0� �,�e�QzV�fa���1��m#���3%��~�K������9����2���rˆ��=P-~��>����)���T�{�s���.Yy. (6.5) をフーリエ変換、 (6.6) をフーリエ逆変換という。 2 をどこにどの様につけ るかはいろいろな流儀があり、上の他に (6.5) で係数を 1 = p 2 として、そのかわりに (6.6) の積分にも係数 1 = p 2 を付けることもある。ここでは (6.5)(6.6) のようにしておく。 例題 6.1

ņ動脈 Ɣ配領域 Ȧえ方 54, Ãリーザ Ȋ人 ɗ営業 4, ȱ ɟ Ź下 ə落 9, Ĺ木坂 ţ紙 Pc 10, Illust Illustration Ɂい 56, Âェリー ō葉 Áこ 21, Data ʼn業 ȩ判 14, Âイ Ãイカー Ãラジャー 17, ƈ々だ Âム Âラスト Áっこいい 10, Ãロンビン Âルロイドg ɠ番 5, ǔ中みな実 F 15 ŋ画 7, Ãラクエ4 Ãメイク Ɂい 24, Ãール ƌ拶文 Âロナ 16, Ź成ライダー Ãロイン ſ不全 14, Ȩ憶屋 Áなたを忘れない Ãタバレ 5, ǯ田麻里子 ŭ供 Ȫ生日 13, Ű林麻耶 Ɨ那 Ãレビ 9, Ãイクラ Ǖ奪者 ƹき潰し Âイッチ 42, Arkモバイル Ãイッスル ŀ別 34, Ɲ大 ĸ橋 ĸ界史 4, Ãスケ Ʋ村 Áんj 7, Ufc Ź収 Ãンキング 49,