新型NXはパワートレインに注目で、RAV4 PHVのパワートレインを搭載するプラグインハイブリッド車が設定されると言われています。もうこれは止まることのない流れですね。, TNGA・GA-Kプラットフォームの採用により、内装は余裕が生まれ、乗り心地を重視する利便性を追求していくようです。, 機能面では新型E-FourやLexus Safety System+が採用され、全体的に進化向上を果たします。, 予想価格はハイブリッドモデル520万円~、ガソリンモデル450万円~の価格帯で、最上級グレードは650万円程度になることが予想されます。, スピンドルグリルのデザイン継続は確実です。しかし、次世代LEXUS NXを示唆するコンセプトカーは現在登場していません。明確なヒントになるデザインとしては、2018年に発表された上級SUVのコンセプトLF-1 Limitlessです。, 次世代LEXUS NXがLF-1 Limitlessを踏襲するなら、ヘッドライトの分割方式が今までより複雑になり、より細身のライトデザインを採用します。, 大まかに言ってしまうと、ハリアーにLF-1 Limitlessの装飾を埋め込んだイメージとなります。, 現行のほとんどの色が継続されるでしょう。次世代LEXUS NXの新規カラーとして、ゴールドや紫系の採用は多少予想されます。, 2トーンカラーは、RAV4のようにブラックルーフが採用される可能性も考えられます。, 次世代LEXUS NXはプラットフォームにプリウス・カムリ採用のGA-Kプラットフォームを採用し、現行より乗り心地は向上するでしょう。, このプラットフォームはレクサスESにも採用しているため、ESを踏襲した上記インテリアデザインになると予想されます。, また、現行NXのインテリアには他の上級車と比較しても足りない部分が見かけられません。内装変更点のメインはシートデザインのバージョンアップに収まるでしょう。, 次世代LEXUS NXはUXより豪華であり室内空間(特に後席の足元)はゆとりあるスペースが確保されるものとなります。, USB充電コネクターをより多く配置するなどの利便性をアップ。また、マルチインフォメーションディスプレイが大型化するなどの可能性もあります。, また、電動シートリクライニング機構は継続され、パノラマルーフの設定も引き続き行われるでしょう。, レクサスES・カムリと同じハイブリッドシステム・THSⅡをバージョンアップします。, 次世代LEXUS NXに最適化して、システム最高出力は現行の197psから215ps超まで上昇するでしょう。これにCVTを組み合わせたものとなります。, JC08モードで現行の21.0km/lから、25.0km/l程度まで引き上げられるものと考えられます。, レクサス初のプラグインハイブリッドを新型NXに追加する可能性が海外サイトで初めて指摘されていました。RAV4 PHVのスペックが参考になるでしょう。, ほかパワートレインのラインナップは2020年6月登場のハリアーが参考になるでしょう。, 前後へ最適なトルク分配制御を行うことで低燃費に貢献します。さらに、コンパクト化したシステムを最適な位置に配置して、広い室内空間も確保します。, ダイナミックトルクベクタリングAWDを採用します。リヤトルクを走行状況に合わせて左右独立で制御するとともに、自動で2WDに切り替わる機構の優れたシステムです。, 次世代LEXUS NXの先進安全装備は従来システムに加え検知機能を拡充。高速運転支援機能を追加した、より安全性の高いシステムへと改良されます。, 現時点ではわかりません。しかし、事故予防の観点から標準装備に期待したいところです。また、ESから採用が始まったミラーレスデジタルアウターミラーの採用はどうなるのか?に注目です。, レクサスNX新型モデル情報2022年初夏に期待|予想価格450万~650万円ハイブリッド&2.4Lターボ&PHV搭載?, CX-5新型モデル情報2023年初めに期待|新開発直6ディーゼル&ガソリンエンジン搭載, Mazda2 RE新型モデル情報2022年以降|高出力軽量コンパクトレンジエクステンダー搭載EV, CR-V新型モデル情報2024年に期待|Honda SUV e:conceptデザイン採用の可能性【2021年内PHEV?】, ヴェゼル新型モデル情報2021年5月に期待|予想価格230万~300万円新開発1.5Lハイブリッドe:HEV搭載, エクリプスクロスPHEV新設定2020年12月発売|価格385万~450万円e-EVOデザイン採用電動SUV, レクサスコンパクトクロスオーバーSUV情報2022|プレミアムBセグメント&トヨタヤリスクロス派生, ランドクルーザー新型モデル情報2021年初秋に期待|300予想価格480~700万円3.5L V6ターボハイブリッド搭載, ダイハツ軽SUV新型モデル情報2021年冬に期待|予想価格140万~4WD148万円ジムニー対抗オフロード4WDテリオスキッド後継, エクストレイル新型モデル情報2021年秋に期待|予想価格290~380万円e-POWER高出力モーター搭載【2020年11月5日】一部仕様向上, カローラクロス日本導入2021年秋に期待|TNGA&GA-C採用。海外デザインがイイ感じ♪. 見殺し?? ~どうやら新型「NX」が2021年夏頃に登場するようだ~ つい先日、いつもお世話になっているレクサスデ ... フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「86/ハリアー/ランドクルーザー/レクサスNX」等.

トヨタの新車攻勢がもの凄い。特に、今集中的に投入しているのがsuv。2019年4月に「新型rav4」を国内投入したと思ったら、11月にはダイハツのoemで「ライズ」を発売開始。2020年に入って6月には「ハリアー」がモデルチェンジの予定と… レクサスuxのマイナーチェンジの時期としては発売から3年を経過する2021年頃と予想。 【画像ギャラリー】現行型と比べてどう変わる!? 新型レクサスNXは次期ハリアーを超えるカッコよさ 超絶美しいSUVが2022年降臨!. フラッグシップ・クロスオーバーでありながら、先進技術の自動運転と電気自動車、贅沢さやラグジュアリーを提案するコンセプトカーです。, デトロイトモーターショー2018で発表されたコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」がどのように新型「NX」に反映されるのか, 直接的に「NX」をほのめかすコンセプトではありませんが、薄型でシャープなヘッドライトや、目をひくスピンドルグリル、低重心の増したスタイリングなどは、新しい「NX」が影響を受けるであろうポイントが多々見受けられます。, これまで採用されていたシャシーよりも軽く、さらに曲げやねじりに強くなる上、ドライビングや安全性のアップ、室内空間もより広くなるなど、価値のある変更点ばかりです。, エンジンはレクサスESやRAV4にすでに採用されている、新世代2.5L直噴ガソリンエンジン「ダイナミックフォースエンジン」を搭載、さらに、新開発されたHVシステムの「THS 2」を合わせたハイブリッドモデルも設定されるでしょう。, トランスミッションは8速AT、4WDでは性能がアップしたダイナミックコントロールAWDとE-Fourが搭載されます。, また、レクサス全車に予防安全パッケージの「Lexus Safety System +」が標準装備されていますので、新型「NX」にも搭載されるのは明らかですが、「Lexus Safety System +」は2019年4月に機能が追加されています。, 現在、レクサスLSに搭載されているのはより機能が充実した「Lexus Safety System +A」ですが、新型「NX」に搭載される安全予防パッケージにも、いくつか新機能が追加されることを心待ちにしたいと思います。, カナダにあるトヨタ自動車の生産事業を行っているTMMC(Toyota MotorManufacturingCanada,Inc)が、オンタリオ州ケンブジッジにあるTMMCケンブリッジ工場において、レクサス「NX」の生産を2022年初頭から開始するとアナウンスしました。, カナダのトヨタ自動車生産工場 TMMC(Toyota MotorManufacturingCanada,Inc), TMMCケンブリッジ工場ではレクサス車の生産は2モデル目となり、ガソリンとハイブリッドの両タイプを生産します。TMMCは北米向けの生産を行っており、これまでもカローラやRAV4、レクサス「RX」の生産を行っています。, カナダのトヨタ自動車生産工場 TMMC(Toyota MotorManufacturingCanada,Inc)での「RX」の生産風景, 来賓として、カナダのトルドー首相や政府関係者を迎えた「NX」新規生産発表式典で、TMMC プレジデントのフレッド・ヴォルフ氏は「昨年公表した新型RAV4生産や工場刷新への投資に続き、TMMCがレクサス NXの生産工場に選ばれたことを嬉しく思います。RXとNXというレクサスモデル2車種を生産することは、TMMC従業員への信頼の高さを示しています」と、語っています。, 上位車種になるRXのモデル周期を参考するとレクサスNXのフルモデルチェンジは2022年に行うと考える, レクサスNXのモデルチェンジは1度も行われていないため周期が不明ですが、同じクロスオーバーSUVであるRXを参考にすると、レクサスNXは2022年にフルモデルチェンジが行われると予想します。, レクサスRXは初代が1998年~2003年、2代目が2003年~2009年と約6年ごとにフルモデルチェンジしていて、3代目も6年9ヶ月で代替わりしています。レクサスRXとNXを比べると同じような期間でマイナーチェンジを行っていますが、レクサスNXは発売から8年後の2022年にフルモデルチェンジを行うと予想します。, 2022年のフルモデルチェンジでもレクサスのデザインアイコン「スピンドルグリル」を受け継ぐだろう, レクサスNXはスピンドルグリルを採用した迫力のあるフロントマスクで、ボディサイズを超えたオーラをまとっています。いまやレクサスの顔となったスピンドルグリルは、NXだけではなく全てのラインナップに採用されているため継続して採用される可能性が高いです。, レイヤーデザインのスピンドルグリル、シーケンシャルウインカー、3眼LEDヘヘッドライトなど最新装備が搭載されていて、安全装備であるレクサスセーフティシステム+も全車標準装備されています。そのためフルモデルチェンジではフェイスリフトを行い雰囲気を変えるなどの措置をとると考えます。, 新しいレクサスNXにはTNGAと呼ばれる新しいプラットフォームを搭載し、トランスミッションも新型のダイレクトCVTやTHS2を採用すると考えます。そのため、従来よりも燃費性能が9%~18%向上します。, TNGAはカムリや新型ESに採用される「GA-Kプラットフォーム」か、レクサスUXに採用される「GA-Cプラットフォーム」のどちらかになると考えますが、GA-Kプラットフォームのほうが候補にあがると予想します。, またレクサスNXのエントリーグレードがラインナップし、M20A-FKSと呼ばれる2.0L直4エンジンとダイレクトシフトCVTを搭載した「NX200」が仲間入りすると予想します。, 新しいレクサスNXの価格帯は初代の440万円~597万円から急激な値上がりはせずに、据え置き価格になると考えます。価格帯としてはレクサスRXとUXの間になり、エントリーモデルのNX200があるとするならば乗り出し価格は420万円ほどになるのではないかと予想します。, レクサスNXのモデルチェンジは、2014年の発売から6年後の2022年になると予想します。プラットフォームを更新し、レクサスUXと同じGA-CになるかESと同様のGA-Kになるかのどちらかになると考えます。, レクサスUXに搭載される直列4気筒2.0LエンジンとダイレクトシフトCVTを組み合わせた新型パワートレインで、燃費向上とエントリーグレードによる値下がりの可能性もあります。, また、大型スピンドルグリルを搭載したエクステリアはそのまま引き継ぎ、安全装備のレクサスセーフティシステムプラスなども全車標準装備で安心感があります。レクサスNXは2018年11月に発売予定のUXとラグジュアリーSUVのRXとの間の位置関係ですので、車両価格はさほど上がらないと考えます。, 2代目NXからはNX200とよばれる2.0L直列4気筒エンジンを搭載したエントリーグレードも採用されると考えられ、さらに求めやすい車両になると予想します。. レクサスが、コンパクトモデルとしてラインナップしている「ct」のフルモデルチェンジを予定しています。 世代交代により性能を伸ばすレクサス新型ctについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 ボディサイズは全長4,630mm×全幅1,870mm×全高1,630mmで鋭いクーペスタイルになると予想されています。, レクサスは2020年10月にレクサス初のEVモデルUX300eを発売しました。そのためレクサスで売れ筋のミドルサイズSUVのNXにはPHVを搭載してすみ分けする、と考えることができます。, プラグインハイブリッドのグレード名には「+」が付くと予想され、海外で商標登録された「NX450h+」という名称が明らかになっています。レクサスの他車種でも「+」が付くグレードが登場する可能性があり、今後はプラグインハイブリッドを搭載するモデルを拡大すると考えます。, トヨタではプリウスPHVを販売、2020年にはRAV4 PHVを販売して、十分なノウハウを持っています。レクサスで初めてのプラグインハイブリッドをNXに設定する可能性があるとのことで、とても楽しみなモデルチェンジになるでしょう。, レクサスは豪州において、レクサスのサブコンパクトSUVモデルの新型「NX」をベースに、ブラックのアクセントを随所に施した特別仕様車「NX Crafted Edition」を発売しました。, ガソリンモデルの「NX300」と、HVモデルの「NX300h」の2WDとAWDの両方に設定可能となっていて、ブラックのアクセントをフロントグリルやサイドミラーキャップに施し、18インチのアルミホイールはダブル5スポークタイプでメカニカル加工が施され、鮮やかで目を引くデザインになっています。, インテリアはブラックで落ち着いた印象で、以下が標準装備されています。また、販売価格は約4,650,000円からとなっています。, レクサス「NX Crafted Edition」に標準装備されるLexus Safety System+. しかしISを始めとする既存商品群のモデルチェンジに加え、ブランド初となるピュアEV登場、スポーツバージョン「F」シリーズのラインナップ増強と、今秋以降も気になるトピックが目白押しだ!!! All rights reserved. ~お気に入りの「NX」もそろそろ買い替えを考えなければならない時期に…~ さて、現在所有しているレク ... 日本メーカ, >トヨタ/レクサスNX450+, RAV4 PHV, トヨタ, レクサス, 新型NX, 何かと話題のマクラーレン・スピードテールが兵庫県・六甲山サイレンスリゾートにてプレミア公開!何とプラチナエンブレムのオプション価格は600万円【動画有】. ※「NX300h」であれば、ハイブリッドモデルで排気量3.0L相当を意味し(実際は排気量2.4L 直列4気筒エンジン+電気モーターを搭載)、今回申請された「NX450+」は排気量4.5L相当を意味, ちなみにこの「NX450+」の商標申請は、アメリカではなく欧州にて行われているのにも注目したいところで、一方でアメリカでは「NX250/NX350」の商標申請が行われているのも気になるところ(日本での商標申請は未だ行われていない模様)。 ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 「アーマーゲー」と呼ばないで! Copyright ©2018Impress Corporation.

全幅:1,900mm. レクサスnxのモデルチェンジを紹介:2代目レクサスnxは2014年から8年後の2022年に発売される、エクステリアはキープコンセプト、直列4気筒2.0lのnx200がエントリー、tngaプラットフォームを採用するなど、レクサスnxのモデルチェンジを紹介。 Copyright © 2020 Creative Trend All Rights Reserved. ?【ベストカースクープ戦記】, 置き去り? レクサスRXのフルモデルチェンジは2022年を予定。また次期RXはLXに替わるフラッグシップモデルに設定される可能性もあり、そのヒントはコンセプトモデルのLexus LF-1 Limitless。コンセプトモデルや現行RXを解説しRXのフルモデルチェンジを考察。

nj銃等講習 Ɂ去 ŕ 47, Pubg Ps4 Ȩ定 Ȧ野角 51, Ãィーラー Ãテーラー Ɂい 10, Ȋ粉情報 Ɲ京 Ãタクサ 10, Pso2 ɨ士コーデ Âャスト 27, Ãトナム ƈ争 ŭ生 Ņネタ 41, Ãリシタ Âナザー衣装 Áすすめ 30, Áの ɚ Áご ɀ絡ください 4, Ãイクガレージ ȳ貸 ŷ崎 7, Ãンバーガー Ãンズ Ãン屋 Ť阪 8, Aomais Mus Ãアリング 6, Âバコ Ž氏 Âス 8, Âーフィン ȋ語 Âラング 15, Ãセウスの船 1話 Miomio 53, Âクラボ Ãープ ȵこし 5, ɳよけ Âラス Ŋ果 9, Ãッスルワン Ɂ手の ȡき先 12, Âカラジェンヌ Ň身校 Ł差値 6, Âクラ大戦 Ɣ略 Psp 4, Âードヴェイン Dlc2 ȡき方 9, Ƀ便 ŏり戻し請求 Âうゆう窓口 19, Ãロアカ ĺ気 Ȑちた 7, Âイ Ŀ優 Âッズ 14, Âスパルス Âッカースクール ȩ判 36, Ark Ɓ竜 ƶえる Ãグ 8, Áくせん dž井 Ǐ在 4, Ãストコップ ŋ画 Ãラマ 5,